今回はインフラや工場など制御システムに対する、SDN(Software-Defined Networking)を使ったサイバーセキュリティ対策について触れていきます。近年制御システムに携わる方々からSDNを利用したホワイトリスト対策について聞かれる機会が非常に増えました。その内容のご紹介です。

この対策の概要は、必要なもの、アプリケーションと通信のみを許可して、それ以外は排除するといったシンプルなものです。この対策を導入することにより、ハッキングおよびマルウェアが動作する環境が対象システムによって許可されることなく、セキュアなシステム運用を行うことができます。

この対策には下記のような利点と欠点があります。

利点:シンプルなシステムに向いており、閉域システムに適応することができる。
欠点:複数のアプリケーションが動作する環境に不向き。ユーザーの利用範囲が限定されてしまう。

写真を拡大 制御システムのホワイトリスト対策の概要図
ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方