東海地域初の新「DBJ格付」取得 
こうしたグループ全体でのBCPの取り組みから、昨年、日本政策投資銀行(以下、DBJ)「BCP防災格付の新け」を東海地域で初めて取得し、最高ランクの格付けが付与された。同制度は、DBJが開発した独自の評価システムにより防災への取組みの優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという「防災格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資制度だ。 

同制度の先駆けとなる防災格付け融資を最初に受けた安田倉庫(株)は、古い倉庫の建て替えのための融資を受け、記者発表後、株価が相対的に高値を維持した。防災への取り組みから社会的な評価を受け、企業の価値そのものを高めた好事例といえる。

日本政策投資銀行では、今回の評価として、①グループ全体の防災および事業継続に関する体制を構築している点、②本社および主要事業所の耐震面新対策や重要施設の地理的分散が図られるなど、事業継続の基盤となるハード面での抗堪性を実装している点、③グループの総合力を生かすべく統合的な指揮命令系統の整備とBCPを有する点、④現場への浸透と有事の実効性を強く意識した教育や各種演習が継続的になされている点などを高く評価した。 鈴与グループでは、大災害時の荷役・輸送体制の構築など、物流・商流などの各事業分野においても事業継続性の強化をさらにはかっていくとしている。グループ全体の取り組みが信頼というブランド力を生み企業の活性化につながっている。