イメージ(写真AC)

 

2020年7月、各地で豪雨による甚大な被害が出ています。そして、中小河川についてはまだハザードマップ 化されていない地域もあるものの、大河川については、ハザードマップの想定に近い浸水となっていると事後に検証されることが増えています。みなさんはハザードマップを読み込んでいますか?今回は、避難を後押しできるハザードマップについて検証します。

写真を拡大 東京都葛飾区の水害ハザードマップの表紙

こちらは令和2年に公表された葛飾区水害ハザードマップの表紙です。このハザードマップがとてもよくて、2020年上半期ハザードマップ大賞かなと勝手に思っているので、みなさまにご紹介したいと思います。他の地域の方にも参考になる情報がつまっていますので、地元のハザードマップと比較してお読みいただければと思います!

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方