「似たような記載ばかりで膨大な量に」といったBCPができあがらないようにするには、目次をしっかり決めることも大事です

■アンバランスなBCPはなぜできてしまうのか?

基本的にBCPは法律で規定されている文書ではないので、「この様式を使わなければBCPとして認められない」ということはない。フォーマットや書式は自由なのだが、一定の基準というか必要条件を満たしていないと、BCPとして使いにくいことは否定できない。筆者はこれまで、さまざまな会社のBCPを拝見してきた。中には奮闘努力した軌跡が読み取れるとても立派なBCPなのに、次のようないくつか残念な点が目についたものもあった。

例えば「内容の重複」(似たような見出し名、似たような内容があちこちに散見される)、「文章の過多」(あまりに精緻かつ具体的に書こうとする余り、読むのに時間がかかり趣旨が不明)、「竜頭蛇尾」(冒頭からBCPの方針や被害想定の記述に多くのページを割いているが、後ろのページにいくにしたがって内容が少なく希薄になっていくパターン)、その他いろいろ…。一言で言えば、中身のバランスがよくないBCPが目立つのである。

これから順次BCPの記載要件と具体的な書き方について解説していくが、その前にまだBCPを策定していない会社もすでに策定した会社も、しっかり脳裏にとどめておきたい基本的なことについて触れておこう。それはBCPの「目次」である。目次ごときの話か、とばかにしてはいけない。目次の構成とそれぞれの意味を理解せずにガイドラインや指南書のひな型から見出しだけを拾い集めて組み立てると、上に述べたようなBCPができてしまうので注意しなくてはいけない。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方