嘉納治五郎(東京高等師範校長、講道館蔵)

柔道創始者は教育者

本連載では嘉納治五郎(1860~1938)をすでに数回にわたって取り上げてきた。嘉納の高潔な精神に魅かれるからである。嘉納の略歴を改めて記せば、講道館柔道の創始者であり、学習院教頭をはじめ、第五高等中学(現熊本大学)・第一高等学校(現東京大学)・高等師範学校(東京教育大学を経て現筑波大学)の校長を歴任した、教育者であった。教育を「天職」とする知識人であった。

■日本オリンピックの父・講道館創設者、嘉納治五郎~その大いなる精神と実践~
http://www.risktaisaku.com/articles/-/6005

■講道館柔道の祖・嘉納治五郎・再説~その国際感覚と徹底した平和主義~
http://www.risktaisaku.com/articles/-/8946

■「黎明の鐘」となれ!~<日本マラソンの父>金栗四三と恩師・嘉納治五郎~
https://www.risktaisaku.com/articles/-/10796

■教育家・嘉納治五郎の信念
https://www.risktaisaku.com/articles/-/16622

同時に文部省高級官僚、大日本体育協会会長、日本初(東洋でも初の)国際オリンピック委員会(IOC)委員、そして日中戦争により幻となった1940年東京オリンピック招致もあった。貴族院議員、哲学者…。軍国主義が跋扈(ばっこ)する中で、戦前の日中友好に教育者の立場から大きな足跡を残したことも特筆すべきことだろう。自費を投じて中国人留学生の教育を支援したのである。

その高邁な平和を希求する精神(モラル・バックボーン)に「精力善用」「自他共栄」があることは周知の事実だ。嘉納の関東大震災復興とスポーツ精神を汲み入れた都市計画づくりへの挑戦を考えてみたい。そこにも「自他共栄」の精神が反映されているはずである。以下、「嘉納治五郎」(筑波大学教授真田久)を参考にし、一部引用する。同書は一読に値する良書である。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方